文具ノベルティの企画・販売業務

文具を中心とした、ノベルティグッズ(=販促品)を企画・販売しております。

ノベルティ研究所

ペンを中心とした大手文具メーカーさんの商品にお名入れするものがメインですが、今後は自社で開発した文具や、他社様とコラボした文具も増えていきます。

>>名入れノベルティ文具のセレクトショップ「ノベルティ研究所」

そもそも、ノベルティグッズを作る最も大きな目的は、配ったグッズを毎日のように使ってもらい、自社の名前を覚えてもらって、今後の商売につながるよう、よい印象をもっていただくことです。

ですから、渡す相手が一番よろこんでくれるものを選ぶ必要があります。いくらいいものでも、その人にとって要らないものを差し上げてしまったら、使いませんから、よい印象も何もありません。

例えば、機械メーカー様の展示会で、一番ノベルティを渡したい相手が、「顧客になってほしい40代の管理職エンジニア」さん層だったとします。そういう方に、若い人に人気の水性ジェルペンなどを差し上げても、あまりピンと来ないと思われます。

やはり、ちょっといいものを持ちたい年代ですから、もう少し高級感のあるものをお渡しした方が、使ってもらえる確率は高くなるでしょう。また、エンジニアという職業柄の、ペンへのこだわりや好みも加味する必要がありますね。そんなとき、あなたならどんなものを選びますか?

そこで、長年ノベルティ文具に携わっているわたくしの出番となります。

これまで、どんな業種のどんな部門の方が、どんな機会にどんなノベルティを選んでこられたか、かなりのデータが頭に入っています。その中でも、リピートのご注文があったものは、まず成功例と考えていいでしょう。リピートがなく単発でも、「喜んでもらえました!」というメールをいただけた場合などももちろんハマったということですね。

そんなデータから、案件ごとに最適な文具ノベルティをチョイスし、ご提案することができます。ちなみに、上の「顧客になってほしい40代の管理職エンジニア」さんには、スタイラスC1スラリ300、もう少し予算がある場合は、ジェットストリーム4&1をオススメします。フリクションノック白軸のご指名も多いです。(ペンの場合)

ノベルティを作るときには、どうしても予算と数量が最優先して考えられがちですが、一番大事なのは配る目的を果たすことです。ノベルティ研究所にご相談いただければ、ご予算内で最大のパフォーマンスを発揮できるよう、最後までしっかりお手伝いさせていただきます。

>>お問い合わせフォーム

 

株式会社ノウト 代表取締役 高木芳紀 プロフィール

1971年名古屋生まれ。金沢大学卒業後に興和株式会社に入社、繊維、IT、光学機器の営業職を経験。その後、興和時代の先輩の家業である渋谷の老舗文具店つばめやにて通販部門を中心に担当。2017年にのれん分けの形で名入れノベルティ部門を継承。ノベルティ研究所を設立。 2012年より文具朝活会を継続、だいたひかるさんと年4回文具祭りを主催。扶桑社『文房具屋さん大賞』審査員長。

※取材のみならず、出版もいろいろさせていただいております。あまり知られていませんが、実はSNSの本も何冊か。


従業員7人の「つばめや」が成功した たった1年で5000万円売上げを伸ばす仕組み


好きな人、いい仕事だけを引き寄せる!営業いらずのソーシャルメディア人脈術


乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中! (ソフトバンク新書)


Facebookマーケティング プロフェッショナルガイド


1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方