株式会社ノウトとは?

Hasegawa Settan (1778-1843) [Public domain]

株式会社ノウトの生業(なりわい)は?と聞かれますと、実はひとつではありませんで、いろんなことをやっております。

世の中は猫も杓子もブランディングの時代。「これだ!という専門分野がないといけません。」ということをよくお聞きします。もちろんわたくしたちも、デザインのお仕事や販促施策、ウェブサイト作成やブログの書き方をお手伝いするときなどは、「いかにその道のニッチな専門ブランドであるか?」をアピールしてもらうようにしています。誰にも負けない専門分野を持つこと、これは個人でも会社においても必要なことです。

しかし、大企業でさえバタバタと倒産するこのご時世、弊社のような小さな所帯が、ひとつの分野、ひとつの仕事だけでこの先ずっとやっていけるのか?これは甚だ疑問です。

江戸時代の町人のように

以前、本で読んだのですが、江戸時代の町人の多くは、いくつもの仕事を掛け持ちして暮らしていたとのこと。つまり、生業がいくつもあったのですね。もちろん、メインの仕事はそれぞれにあったようですが、みんなサブの仕事を持っていた。今でいう副業とか、複業ですよね。

もしひとつがダメでも、残りでなんとかカバーできる、もしくは季節によってメインが変わるとか、そういうしなやかなイメージが思い浮かびます。

ノウトにはきっと、そういうスタイルが向いていると直感しました。専門分野がひとつでなく、いくつかあるわけです。代表の高木は企画的なお仕事、文具の作り込み、ノベルティグッズの提案などが守備範囲、デザイナーのおおきは、イラスト、グラフィックデザインをベースとしたアートディレクションが得意分野です。ふたりともかなり広い。

もちろん、広いからと言って浅すぎることはなく、プロジェクトごとにかなり深くこだわりを持って仕事する種類の人間です。(お付き合いのある方はおわかりかと思いますが。)

あなたの応援をする

そんな中でも、変わらない思いがあります。それは、行動のコアに、常に誰かを一生懸命に応援する姿勢を持っていたいということ。商売だけのドライなお付き合いは性格的に無理なんです。

江戸時代の話に戻りますが、現代のような大企業的組織もほとんど存在しなかったそのころ、自分を守ってくれるものは、町内の仲間や親戚のおじさんおばさんでした。何かにつけ世話を焼き、焼かれ、助け合って生きていく。今後はきっと、世界的なメガ企業と個人的マイクロ企業という、極端な分かれ方になっていくと思いますから、わたくしたちのような小さな会社はゆるく広くつながって、がんばっていくべきではないか?そう考えました。

その中で、わたくしたちがこれまで培ってきたものが、どなたかの役に立てれば最高です。(そしてもちろん、同時に弊社もたくさんのお仲間に支えられています。)

世の中の難しいことはわかりませんが、この思いだけは真ん中に据えて、日々の業務にあたっていきたいと考えております。
今後とも、どうぞご贔屓に。